中折れ

妊活で中折れ!?その理由と対策とは…

一般的に、通常の夫婦生活があるのに2年間妊娠できなかった場合を不妊症と言います。その場合、夫婦ふたりに対しての検査や治療が必要になったり…妊娠するためのタイミング指導や不妊治療を産婦人科で受けることになります。

 

最近では妊活、なんて言葉もできましたね。実際は結構大変なものですが…言葉だけ聞くとなんだか明るいイメージです。

 

もちろん不妊症ではなくとも、結婚する時の年齢が30歳を過ぎていたり、すぐにでも子どもがほしい、という場合なんかは妊活をスタートすることになります。

 

妊活をする上で、避けて通れないのが「メンタル面」についてのこと。周りが妊娠していくのを羨んだり、街行く妊婦さんを妬ましく思ったり…赤ちゃんを見るだけで辛くなる、なんてことも。

 

簡単に言うと、今月もまた妊娠することができなかった、の繰り返しでどんどん病んでいってしまうんですね。特に女性は妊娠する側なので。自分のせいかもしれない、と自分を責めてしまうケースも多いようです。男性不妊の場合は逆に、男性自身が自分のことを責めてしまうようですね。デリケートなことなので、お互いがお互いを思いやることができないと妊活はうまくすすみません。

 

もともとは他人ですから、妊活のすすめ方について夫婦で意見が違ったりすることも。もちろん結束が深まることも多いのですが、結果がなかなか出ないと…どんどん追い詰めてしまうんです。

 

妊活において、まず最初に行われるべきことは、検査、そしてタイミング指導です。

 

検査の内容については、男性であれば例えば精子の量や動き、奇形の有無を調べるものだったり、女性であれば血液によって卵巣の年齢を調べる検査だったり…多岐にわたります。もちろん内診もあります。最初は恥ずかしいものですが…回数をこなすうちに不快感はあるものの多少は慣れるはずです。

 

それらの検査を終えた後、タイミング指導です。タイミングというのは簡単に言うと、基礎体温の結果と内診で内膜の厚さや卵子の成熟具合を見て「夫婦生活をこの日に行うと妊娠しやすくなるよ」と先生が教えてくれるんですね。

 

お互いがしたいからする、というのではなく、この日にしてくださいねと言われるからする、そんな風に変わっていくのです。

 

そんな気分じゃないのに、というココロは…重視されなくなるんです。だからこそ男性の場合、中折れというものが起こりやすくなってしまうんです。

 

女性がデリケートなのはもちろんなのですが、実は男性もとってもデリケートなんですよね。だからこそ、妊活の儀式的なセックスが耐えられなくなることも多いんです。

 

中折れというのは、性交の途中で、男性器がしぼんで継続できなくなることを言います。いい精子を卵子に届けなければならない、そんなプレッシャーが高揚しているはずの気分を萎えさせてしまい子作り行為ができなくなってしまうんですね。

 

そして一度中折れしてしまうと、「次も中折れしてしまうかもしれない」という不安な気持ちが、再び中折れを起こさせてしまいます。全くの悪循環です。

 

この時大切なのが、女性側の言動や態度です。間違っても責めてはいけません。もちろんなぐさめ過ぎるのもいけません。ある程度そっとしておいてあげることも必要です。

 

そして、妊活について自分が夫に過度のプレッシャーを与えてしまっていないか…それまでの自分の態度を振り返ってみるとよいでしょう。

 

妊活を始めるとそれまで見えていたはずものが見えなくなったりします。必死すぎて周りを気遣う余裕がなくなってしまうこともあるかもしれません。

 

けれども、妊活で夫婦仲が壊れてしまうようだったら本末転倒です。子どもさえできればいいわけじゃないですよね?だからこそ、いたわりあって…気長に挑むことが大切なんです。

 

男性も女性も焦りは禁物ですよ!

page top