中折れ対策の本質

中折れ対策の本質

中折れとは、性行為の最中に男性器が萎縮(萎む)でしまい性行為が継続できなくなってしまうことです。男性には深刻な悩みですし、交際中や夫婦感でも中折れになってしまい悩む奥様もいるそうです。特定の病気と言うわけではないので男性全てにお従る可能性があります。そんな症状に少しでも役に立つ知識と予防をお伝えします。

 

まず男性器が萎縮してしまう原因ですが、通常男性器が興奮状態の場合淫部の海綿体(所謂さおの部分)に血流が行き渡り勃起します。だから男性器は興奮じは真っ赤に赤く充血して血流で満ちています。ですが中折れ状態の際は、興奮状態の海綿体に血流が行きづらくならどんどん海綿体の血流量が減少してきてしまい勃起状態を維持できなくなってしまう状態を言います。ちなみにこの状態が続くといわゆるED(ErectileDysfunction)と言われてしまいます。

 

中折れには大体二つの要因があると言われています。

 

一つ目は、肉体的要因です。

 

どう言うことかと言うと必ず勃起が起こったり、朝立ちしたり一人でオナニーする際はしっかり勃起するのにセックスの時には中折れしてしまうようなケースです。そのような場合は、身体機能の異常や障害によって誘発される可能性があることです。普段の食生活で脂肪分の多い食事やタバコなど血管に負担がかかることをしてしまっている方。40代くらいから増えてくる糖尿病など直接的に淫部に負担がかかりそうな持病を持っている方などが考えられます。男性ホルモンなど不足しがちな方(運動不足や普段汗をかきづらい方、冷房などで冷え性のような症状を感じている方など)です。前述したとうり海綿体に血流を送る工程がしっかりしていないと中折れしてしまう原因になります。なので一人でオナニーをよくしている方など圧力が強めや普段からいじっている方も強すぎたり弱すぎたりと変な強さに慣れてしまってる方も肉体的な要因が関係しています。

 

二つ目は心理的要因です。

 

こちらお方が厄介ですが、世間一般的に言われているストレスになります。相手女性との間で気づかない間で感じている緊張や不安、一生懸命維持させようとしてしまうす心の焦りや地味にプレッシャーになってしまうことです。彼女や奥様との間で気持ちのズレや独りよがりになってしまっている性行為に起こる現象です。女性とのセックスで初めてからお互いが興奮している状態は愛を感じてお互いでお互いを高め合うような、混じり合うような高貴ものに感じていたことがいつしか時経つに連れてセックスの時間が短くなったり一方的に終わってしまったりなかなか昔のように時間をかけるものでもなくなってしまいます。そのようなことから身体的にストレスを感じてきてしまい興奮状態を維持できなくなってしまって中折れしてしまいます。実際問題どうして行くのが良いのかといいますとまずセックスする前日やその週はオナニーをやめます。これは興奮状態に身体を鳴らさないようにすることで本番のセックスの時に興奮状態を維持しやすくなります。

 

次にタバコ、アルコールをやめます。特に中高年層の中折れに困っている方は絶対です。血管の負担を減らして勃起した時にスムーズに血流を行き渡すために体内も綺麗にします。そして食事ですが亜鉛とムチン(ネバネバ食品系)を積極的に食事に取り入れましょう。勃起の際に必要成分を取ることでしっかりと興奮状態にすることができます。正直普段の食生活の乱れが内臓や心的ストレスの緩和に大いに役立ちます。なので食事はしっかりと管理しましょう。最後に彼女奥様などにしっかりと打ち明けてお互いがお互いのために愛し合うように目を合わせたり愛撫の時間を長めに作りしっかりと興奮応対にしましょう。身体も心も相手しか見えてないくらいに没頭できればきっと中折れにならないはずです。ぜひ皆さんの悩みが少しでも解決できれば幸いです。

page top