中折れ

中折れには亜鉛の力を借りましょう

大切な女性と良いムードなのに、途中で中折れを起こすと、互いに気まずい思いをしてしまいます。
出来るだけ中折れしないように努力をしようにも、やはり中折れを避ける事は出来ないものです。
ですが、こうしたデリケートな悩みは、なかなか人には相談しにくいものです。
ましてや、パートナーである女性には尚更言いづらいものです。
そこで、どうして中折れという症状が出てしまうのか。
そして、改善する為には何をすれば良いのかをご説明したいと思います。
それさえ分かれば、中折れをしても、それほど心配する事はありません。

 

・中折れの原因

 

まずは、なぜ中折れを起こしてしまうのか、その理由をご説明したいと思います。
性行為をするまではあんなに元気だったのに、いざ性行為に及んだら途中で性行為を続ける事が難しくなったという事があります。
この状態をすぐにEDと判断する人もいますが、EDにも2種類あります。
それは、心因性と器質性の2種類です。
まずは心因性ですが、過去の記憶が大きく関係します。
例えば、初めて女性と性行為を行った時に成功出来ずに気まずい思いをしたり、性行為の事で女性に何かを言われた時には、精神的なトラウマとなり、勃起しても長くは続かなくなってしまうのです。
女性との性行為での失敗体験というのは、いつまでも心の奥に残ってしまうものです。
大切なのは、性行為に対して不安や恐怖は抱かない事です。
不安や恐怖は、それだけで中折れの原因となってしまいます。
普段からリラックス出来る状態を作る事が大切です。

 

そして、器質性の場合はその原因は、男性ホルモンの減少です。
男性ホルモンが減少してしまう原因は、やはり更年期障害や加齢が原因です。
男性ホルモンが低下してしまった事により、勃起力が落ちてしまうのです。
その結果、中折れしてしまうのです。
この場合、心因性と違い、改善には食事療法やサプリメントの力を借りる事が大切です。

 

・亜鉛が効果的な理由

 

そして、中折れを改善する為には、どんな栄養素が良いのかというと、それは「亜鉛」です。
「亜鉛」は勃起力を高める為には欠かせない栄養素です。
なぜ欠かせないのかというと、それは前立腺には亜鉛が存在しているからです。
亜鉛がなければ、男性はどれだけ魅力的な女性を見ても、勃起力が長続きせず、中折れを起こしてしまいます。
そして、亜鉛には男性ホルモンであるテストステロンを増やす効果があるのです。
男性ホルモンが減少した時には、亜鉛を摂取すれば男性ホルモンは再び体内に増やす事が出来ます。
そして、亜鉛は体内で作り出す事が出来ません。
日頃から亜鉛を含む食品を食べる事が大切です。
ただ、亜鉛を多く含む食品を日頃から食べる事が大切だからといって、むやみに食べ過ぎるのは危険です。
亜鉛を含む食品を過剰に摂取すると、吐き気や下痢、食欲不振を起こす事があります。
亜鉛の摂取量は1日10mgが適量です。
亜鉛が豊富なカキなら、1日2〜3個も食べれば良いのです。
ですが、カキを毎日食べる事も難しいと思います。
そんな時には、サプリメントです。
サプリメントなら、小さなカプセルを飲めば良いだけなので手軽です。
忙しい日でも毎日摂取する事が 出来るのが最大の魅力です。

 

・亜鉛サプリメントの選び方

 

では、亜鉛サプリメントならどれでも良いのかというと、そうではありません。
亜鉛サプリメントを選ぶ時には、まずは販売している会社をチェックしましょう。
インターネットの口コミなどを確認したり、販売実績を調べてみましょう。
そして、天然成分を使用しているサプリメントを選ぶ事も大切です。

 

そして、亜鉛だけを摂取すれば良いのかというと、そうではありません。
タンパク質やビタミン、ミネラルなど他の栄養素も摂取するようにしましょう。
そして、睡眠不足も男性ホルモン減少に関わります。
男性ホルモンが減少すれば、勃起するだけでも難しくなります。
ゆっくり体を休める事で、男性ホルモンが復活して、勃起力は上がります。
そして、運動不足も勃起力を弱めてしまいます。
運動する事により、血行は良くなり勃起力は改善されます。
就寝前に運動する事を習慣にすると、精力が増大し、中折れする事も少なくなってきます。
そして、大切なのはイメージトレーニングです。
どれだけ亜鉛を含むサプリメントを摂取しても、どれだけ運動を徹底しても、精神的にダメージがある場合には難しい事もあります。
日々のイメージトレーニングで、中折れしない自信を身に付けていきましょう。

中折れ記事一覧

中折れとは、性行為の最中に男性器が萎縮(萎む)でしまい性行為が継続できなくなってしまうことです。男性には深刻な悩みですし、交際中や夫婦感でも中折れになってしまい悩む奥様もいるそうです。特定の病気と言うわけではないので男性全てにお従る可能性があります。そんな症状に少しでも役に立つ知識と予防をお伝えします。まず男性器が萎縮してしまう原因ですが、通常男性器が興奮状態の場合淫部の海綿体(所謂さおの部分)に...

一般的に、通常の夫婦生活があるのに2年間妊娠できなかった場合を不妊症と言います。その場合、夫婦ふたりに対しての検査や治療が必要になったり…妊娠するためのタイミング指導や不妊治療を産婦人科で受けることになります。最近では妊活、なんて言葉もできましたね。実際は結構大変なものですが…言葉だけ聞くとなんだか明るいイメージです。もちろん不妊症ではなくとも、結婚する時の年齢が30歳を過ぎていたり、すぐにでも子...

page top