ペニス増大

「巨根になるための実践方法」

男性の人ならば、自分のペニスを大きくしたいと思っている人は多いと思います。

 

ペニスが小さいと、彼女とのセックスに自信がなくなり、その結果セックスを楽しめなくなる可能性もあります。

 

そうなると、お互いの関係も悪くなりがちになります。

 

今回は、自分に自信が持てるように巨根になるための実践方法をお話しします。

 

まずは、ペニスの構造についてお話しします。
ペニスは海綿体という、血管が集合した組織でできています。

 

なので、ペニスはほとんどが血管でできていると言っても過言ではありません。

 

そう考えると、ペニスを巨根にする方法は簡単です。

 

体全体の血液の流れを良くすれば、ペニスに十分な血液が送られて巨根と呼ばれる大きさにする事ができます。

 

さっそく、体の血液の流れを良くする方法をご紹介します。

 

・運動
・筋トレ
・生活習慣の改善
・マッサージ
・サプリメント

 

大きく分けて血液の流れを良くする方法は、この5つです。

 

言ってしまえば、この5つをしっかりとやればペニスは大きくなります。

 

[運動]

 

まずは運動ですが、運動は体を動かす事で脂肪が燃焼されて、体温が上がり詰まった血液をサラサラにしてくれます。

 

ランニングが一番オススメです。

 

走る事で血液の流れが良くなり、結果的に巨根に近づきます。

 

痩せて、筋肉質な人に巨根が多いのはちゃんとした体のメカニズムが関係しています。

 

太っている人は、ペニスが小さい人が多く感じるのもこれが関係しています。

 

巨根になりたい人はランニングをするといいでしょう。

 

[筋トレ]

 

筋トレもペニスを大きくするのに重要な事です。

 

運動と近い事が言えますが、筋肉をつける事によって脂肪がなくなり体の体温が上がります。

 

体温と血液の状態は密接な関係があります。

 

体温が低いと、血液の流れが悪くなり様々な問題が体に起こります。

 

EDの人なども低体温の人が多いといいます。

 

想像してみればわかると思いますが、筋肉ムキムキな人にEDになる人などいません。

 

筋肉質な人ほど、巨根である人が多いです。

 

筋トレする部位は、おもに下半身を重点的にやるとペニス増大には効果的です。

 

巨根になるには、筋トレをしましょう。

 

[生活習慣の改善]

 

 

生活習慣もペニスを大きくするのに、かなり重要な事です。

 

生活習慣が悪いと、自律神経が乱れて血液がうまくペニスまで届かなくなります。

 

暴飲暴食や、お菓子や甘いものばかり食べるのはペニスを大きくするのを妨げます。

 

なるべく、野菜中心の生活で間食はせずによく寝て自律神経を整える事で、ペニスにたくさん血液が流れて勃起を最大限に高めてくれます。

 

睡眠もペニスを大きくするには重要です。

 

睡眠不足になると、そもそも体がだるくなって運動や筋トレをしようという気持ちにならないと思います。

 

しっかりと、睡眠をとって体を動かせる状態にする事が大事です。

 

巨根になりたい人は、規則正しい生活習慣を心がけてください。

 

[マッサージ]

 

ペニスを大きくする方法にマッサージもあります。

 

 

これは毎日続けてやらないと、効果が出ません。

 

毎日続ける事が大事です。

 

マッサージのやり方は、入浴後に体が温まっている状態で、ペニスを勃起状態にしてお尻を締めて、ペニスを動かす事です。

 

これを繰り返します。

 

勃起状態を維持する事で、常にペニスに血流が届いている状態を癖にします。

 

こうする事で、血液がペニスに届きやすい体になります。

 

勃起状態を維持する事が大事なので、射精せずに毎日10分間繰り返すと良いです。

 

[サプリメント]

 

サプリメントですが、これは毎日飲む事でペニスの血流アップを促すという方法です。

 

サプリメントも飲み続ける事で、徐々に効果が発揮されるので、月単位で続ける事が重要です。

 

サプリメントの種類については、口コミで評判が良いものを選ぶと良いでしょう。

 

中には、高額で効果がない商品もあるみたいなので、購入する時は必ず実際に使用した人の口コミが多いサプリメントを選ぶことが重要です。

 

以上お話しした、5つがペニスを巨根にするために重要な方法です。

 

ペニスを大きくしたいなら、上記で話した内容を習慣にする事が最も重要なポイントです。
ほとんどの人が、最初は気合いを入れてペニスを大きくするために実践しますが、ずっと続けられる人は少ないです。

 

これは、ダイエットにも同じことが言えます。

 

続けられる人が効果を実感できます。

 

うまく続ける方法は、スケジュール表を作るなどの工夫をして、習慣化する事が大事です。

 

習慣化すれば、苦痛なく自然に生活の中で行えるので良い方法です。

 

是非、今日お話しした内容を習慣にして巨根を目指してみてはどうでしょうか。

 

巨根を目指すならアプソルシン

簡単・継続することでペニスを増強方法

まず、基本情報としてペニスが勃起するということは、海綿体に血液が流れ込むことで活性化することで起きます。しかしペニスには大きな血管が通っていません毛細血管で送っています。なので血液循環が悪いと大きさ、硬さに影響が出ます。大きくなる海綿体は頻繁に力強い勃起を繰り返すことで増大していきます。

 

また、アルギニンや亜鉛などの精力増強の栄養素も必要です。低脂肪で高たんぱく、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂取できる食生活も必要です。よってペニスを大きくするには健康な身体が必要です。ですが無理な食生活でストレスを溜めるのは良くないです。EDの原因となるストレスを溜めずに健康な身体になる食生活が大切です。

 

そして適切な運動です。上半身よりも下半身を良く使う運動が良いです。なぜ下半身を良く使う運動が良いかというと心臓から送り出された血液は足の筋肉により心臓に送り返されるからです。なので簡単に行える散歩が良いと思います。無理なく毎日続けられ下半身を良く使い鍛えることで血液循環を良くすることが出来ます。

 

まずは血管、内臓の働きを良くすし、若く保つことでペニスを大きくする方法です。血管を若く保つと血液輸送量を増やせます、内臓を若く保つことで栄養素を効率よく摂取できます。特に肝臓は栄養素を身体に利用しやすい形に分解、合成する代謝作用を行っています。

 

肝臓は胃や腸で分解合成された栄養素を身体に利用しやすいアミノ酸などの物質にして貯蔵します。そして必要に応じてエネルギーなどを作り出します。肝臓で分解された物質は血液を通って全身に送られます。なので肝臓の働きが低下すると、代謝作用も低下するので活力や全身に必要なアミノ酸などを送り出せなくなります。

 

一つ目はお酢を毎日15ml(大さじ一杯)摂取することです。お酢の効果は、血圧を下げる、内臓脂肪を減らす、血糖値を下げることです。血圧を下げるとは血管を拡張して血圧を下げるので血液輸送量を増えます。また血管が余計な仕事をしないので血管を若く保つことが出来ます。

 

内臓脂肪を減らすことで、消化、吸収、代謝を効率よく行えます。血糖値を下げることで肝臓に余計な仕事をさせないので肝臓を若く保てます。血管、肝臓を若く保つことで血液循環と必要な栄養素の吸収を効率よく行うことが出来ます。

 

二つ目は足ツボマッサージです。足から心臓に送り返される血液の流れを良くすることで、老廃物の排出と必要な酸素、栄養素の輸送を良くすることです。足の裏には多くのツボが存在しているので足ツボマッサージをすることで血流だけでなく全身の弱った機能を回復させ、健康維持に期待できます。

 

次は血流を自分で起こしてペニスを大きくする方法です。一つ目は温冷浴です。これは、温かい湯舟の後に冷たい湯舟につかる普通の方法ではなく、ペニスだけをシャワーで温水と冷水を交互にかける方法です。大切なのは長くかける必要はなく、睾丸もしっかりと暖めて冷ますことです。

 

温水の温度は自分が浴びても苦にならない温度です。温度が高いほど効果があるのではなく、継続することが大切です。なので無理して高い温度でペニスを傷つけないでください。温水でペニスを1分程度暖めたら、冷水で1分間程度冷まします。これを5回繰り返します。そうするとペニスへの血流が良くなりペニス増強に必要な栄養素も多く運ばれます。

 

二つ目はペニスマッサージです。これは、ペニスが半分勃起した状態で行います。片方の手でOKサインを作りペニスを持ちます。その状態でカリの部分までスライドさせます。次にもう片方の手でペニスの根本部分を掴みます。この時ペニスの先端まで血液を押し上げるイメージです。

 

圧をかけた状態で2~3秒キープした後離します。これを10~20回くらいを行ってください。また慣れてきたらペニスの根本を掴んでいつ手をカリの部分までスライドさせます。ペニスの先端に血液を多く貯めるイメージです。

 

根本からカリの部分10回程スライドさせたらペニスの根本を掴んでいる手を放して親指の腹でカリから亀頭の先端までを上下のスライドを行い上下のスライドで亀頭を一周してください。そうすると亀頭に刺激を与えることで亀頭もおおきくなります。

 

一つの方法よりもいくつかの方法を組み合わせると効果があります。また、ペニスのサイズに悩んでいる人は自分の不健康の原因をなくすところから始めると良いと思います。

更新履歴
page top